折り鶴で繋ぐ世界の平和
Peace in the world connected by paper cranes

2020年から世界は新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中の人命と生活が危機にさらされております。
手を取り合うことはできないけれど、意識や願い、祈りで繋がる未来へ向かって、私達は新しい取り組みをスタートします!
ヒントをくださったのは、ニカラグア共和国ロドリゴ大使です。世界平和の象徴として、広く知れ渡った「折り鶴」。ここに日本の伝統文化と日本人の生き方を見出し、駐日大使として日本の地に赴かれたエピソードには深く感銘を受けました。
それと同時に、「鶴」に縁あるこの場所からスタートする必然性を感じました。この富士北麓の都留郡には、「鶴」にまつわる、民話・伝承があります。
ただ夢中で一枚の紙を折り、鶴を作った子どもの頃のように。
ただただ世界の平和を祈り、子ども達の明るい未来を祈り、その証として折り鶴が祈りを繋ぐシンボルとして、日本中・世界中から折り鶴が集まってきたら…。
「未来の子ども達に美しい地球と和の心を残すために」
これは、みんなのFUJISAN地球フェスタWAの応援メッセージボードと共に世界平和への祈りを込めた折り鶴で世界を繋ぐプロジェクトです。

折り鶴大使

ニカラグラ共和国 前特命全権大使 ロドリゴ・コロネル・キンロッフ閣下

参加方法

(1)一人一枚、折り紙の白い方にメッセージを書く。

(2)折り鶴をつくる。

(3)「折り鶴」の作成時に写真を撮り、事務局に送る(希望者のみ)。

  例えば…

  • 作成した「折り鶴」の写真
  • 「折り鶴」を作成している時の写真
  • 作成した「折り鶴」を持った記念写真
  • メッセージの写真

  など。撮った写真は、実行委員会事務局までメールでお送りください。

(4)撮った写真にハッシュタグをつけてSNSに投稿する(推奨)。
  InstagramやTwitterでお友達にこの活動をぜひご紹介ください!
  ハッシュタグは#折り鶴で繋ぐ世界の平和

(5)折り鶴は郵送にて事務局へお送りいただくか、ブースでのご参加の場合は、設置されている専用ケースに入れて下さい。
  ※学校、クラス単位であれば夏休みに入る前までに集計していただく。

(6)集まってきた折り鶴たちは…
  2022年8月8日(日)、みんなの富士山で行われるピースセレモニーでご紹介します!!

お寄せいただきました折り鶴王系130,737羽です。
ご支援・ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。
この後も、100万羽に向けて進めてまいりたいと存じますので、引き続きご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。

お問合せ

FUJISAN地球フェスタ WA 実行委員会 事務局
 〒403-0022
 山梨県南都留郡西桂町小沼1598-1
 TEL/FAX :0555-29-2201
 モバイル:080-4670-1560
 E-mail :festa@chidama.net